格安スマホを使うなら事前に調べよう

格安スマホは、月々の使用料金が格段に安くなるということで非常に便利ですね。
しかし、便利な物には裏があるというと流石に大げさになってしまいますが気をつけておかないといけない落とし穴がありますのでそれを解説しましょう。

■格安SIMの落とし穴に気をつけよう
格安SIMを使った格安スマホを使う際には、まず気をつけなくていけないのが端末本体です。
SIMと一緒に本体も安い物を利用するために、外国製の安い物を購入する人も居るのですがこの際には必ず技適マークがついているかを確認しましょう。
この技適マーク、というのは日本で利用する事の出来る携帯についている物なのですが、これがついていない物を日本で使うと法律違反になってしまうんですね。
最悪の場合、民事ではなく刑事で訴訟されてしまうこともありますので要注意です。

■キャリア乗り換えの際の注意
もう一つ、気をつけなくてはいけないのがキャリア乗り換えで格安SIMを利用するためには転出する際のMVNOが利用している回線が一致していないといけないんですね。
例えば、ドコモと契約をしていた場合はドコモのスマホを持っていてドコモ回線を利用しているMVNOのSIM契約をすればすんなりち使う事が出来る可能性があります。
しかし、キャリアが一致していないとどうしてもその辺の合致性が少なくなってしまったり、薄くなってしまうこともありますので気をつけてください。

■まずは知る事が大事
格安SIMを使った安く利用できるスマホを使いこなすためには、まずはとにかく知るということがとても大事なんですね。
お得に使うためには、どうしても知識を運用しなくてはいけないこともありますのでまずは事前に調べる事が大事です。

格安スマホを使って節約上手に

格安スマホに乗り換えることを考える際に、目安になるのはやはり通信料や利用状況でしょう。
大して利用しているわけでもないのに、やたらお金だけがかかるという場合は特に、もっと安く利用できるものに乗り換えるでしょう。

■利用状況と通信料
格安スマホに乗り換える際に、そもそも自分はどのくらい使っているのかわからないという人も居るでしょう。
まず、目安としてはインターネットの閲覧はトップページを4000回程度見ると大体1GBになると言われています。
画像や動画、ページの規模やキャッシュと言った物が関わってくるので上下しますが、大体はこのあたりだと思っていいでしょう。
写真や画像などのダウンロードは、そのサイズに比例しますので比較的わかりやすいでしょうね。
メールも、受診だけでなく送信にも当然パケットが必要になりますのでテキストメールと画像添付メールではその通信料が変わって来ます。

■データ通信量の削減について
このデータ通信量が、毎月の料金に関わってくるのですがそれを削減するためにはまずとにかくキャリアの回線で動画やスマホオンラインゲームなどの通信量のとにかくかかる物を閲覧したり遊んだりしないことです。
なので、そう言ったことを楽しむのであればWi-fiの回線に繋いでいる時だけ楽しむというような使い方をする事で最低限使用する通信量を減らす事が出来るんですね。

■利用状況と照らし合わせて
このように、削減する工夫を利用すれば格安SIMのような通信速度があまり良い物ではなくても十分に利用する事が出来るんですね。
こうすればパケットはほぼメールか通話のみにしか使われないというようになりますので、利便性を損なわずに節約できます。